キャッシングのおろし方と利用におけるメリットや注意点

クレジットカードによるキャッシングは、仕事の影響による収入の減少や急な冠婚葬祭などでの入り用など臨時でお金が必要になった時に心強い味方になってくれます。しかし、キャッシングは気軽に利用できる反面、使い方次第で返済が大きな負担となってしまうこともあるので注意が必要です。

今回は、キャッシングのお金のおろし方を紹介すると共に、利用における注意点について紹介します。

ATMを利用したお金のおろし方

一昔前であればキャッシングは専用の機械に限定されていましたが、近年では需要の増加に伴って銀行はもちろん、コンビ二やショッピングセンターのATMなどでも気軽に行えます。お金をおろす手順は最初にATMの画面に表示されているクレジットの項目をタッチです。

次に借り入れもしくはキャッシングを選択して暗証番号の入力、最後に希望する金額を指定すれば完了になります。全ての手続きは画面に表示される案内に従う形で行われるので、初めての利用でも操作で頭を悩ませる心配はありません。

キャッシングでおろせる金額は利用するATMによって若干異なりますが、原則として1日1回、最高金額は50万円までと定められています。そのため、もし50万円を超える金額が必要な場合には数日に分けて手続きを行うことになるので注意が必要です。

ATMによっては手数料が発生するケースもあることから、少しでも費用を抑えたい人は無料の所がおすすめと言えます。

利用におけるキャッシング枠の確認

キャッシングをする上で気をつけなくてはいけないのがキャッシング枠の上限についてです。クレジットカードのキャッシングは、多額の借り入れによって返済が困難になることを防ぐために契約時に上限を設ける決まりとなっています。

上限については利用する会社によって金額が異なりますが、契約者が無理のない返済ができるように年収や月々の収入を基準にして決まるのが基本です。この限度額については、契約しているクレジットカードの会社に電話で問い合わせたりインターネットのホームページにアクセスをすることで確認が可能です。

通常、最初の契約時に決められた限度額が変わることはありません。しかし、返済の遅延など利用状況によっては金額が減ってしまうケースもあるので、こまめに確認をして状況を把握しておくことが大切になります。

借りたお金の返済方法の種類と特徴

キャッシングはお金を借りる行為に当たるため、当然借りたお金は返さなくてはいけません。一口にキャッシングの返済と言ってもいくつかの種類があって、それぞれにメリットや特徴があります。数ある返済方法の中でも比較的多くの人が利用するのがリボ払いと呼ばれる返済です。

これは借り入れ後の残りの残高から計算して毎月決まった金額と会社ごとに定められた利息を支払っていく形になります。キャッシングは借り入れの金額が大きくなるほど返済をするのが難しくなりますが、リボ払いであれば無理のない範囲で返済ができるのがメリットです。

その反面、返済に時間が掛かるほど余計な利息が掛かってしまうのは否めません。こういった場合におすすめとなるのが繰り上げ返済です。繰り上げ返済とはリボ払いにおける毎月の返済とは別に支払う方法になります。お金に余裕ができた時にこの方法を取れば返済の期間を短くすることが可能です。

最も負担が少ない返済の方法が一括払いで、一度の手続きで全額返済となるので最小限の利息で済みます。

合わせて読む:キャッシングの利用はこんなときにおすすめ

海外でキャッシングを利用してお金をおろす方法とメリット

クレジットカードによるキャッシングは日本国内だけでなく、海外でも利用することができます。会社によって利用対象となる国は異なりますが、大手と呼ばれる会社であれば全世界が対象となっているのでどこの地域に行く時でも安心です。

気になるお金をおろす方法は、日本と同様に指定されたATMで画面の指示に従ってタッチパネルで操作する形になります。ただし、国よっては個人情報の確認に若干時間が掛かってしまうこともあるので余裕を持って行うことが大切です。

表示される言葉は日本語にすることもできるので語学に自信が無い人でも心配ありません。海外におけるキャッシングにはたくさんの利点があって、中でも特に大きなメリットとなるのが金利の影響です。海外の通貨はその日のレートによって金額が異なりますが、キャッシングは実勢レートによって計算されるため金融機関を利用するよりも得をすることがあります。

そのほかのメリットとして挙げられるのが安全面です。海外には治安が悪い地域も多く、現金を持ち歩くことに不安を感じるケースも少なくありません。その点、キャッシングは必要な時に必要な分をおろせばいいので、こうした犯罪への不安もなくなります。

合わせて読む:キャッシングで有名なエポスカード!返済方法も多岐にわたり便利

キャッシングでお金をおろす時に注意するポイント

返済の説明でも記載したように、キャッシングはお金を借りる行為である以上、借りる時は返済をすることについても考慮しなくてはいけません。お金をおろす時に考慮するポイントはいくつかある中で、最初に考えなくてはいけないのが返済時に掛かる利息です。

利息については正式な取り決めはなく、それぞれのクレジットカード会社が自由に決めることができるので、数%で済むケースもあれば数十%掛かってしまう所もあります。この借り入れにおける金利は本来であれば支払う必要の無いお金なので、金利の低い会社を選ぶのはもちろん、短期間で返済できる金額に留めておくことが大切です。

そのため、お金をおろす前に借り入れ金額、金利、予定の返済日数からいくら支払いをすることになるかについて計算をしておくことも必要になります。

合わせて読む:キャッシングのエムアンドケーは信頼できる業者なのか

キャッシングにおけるショッピング枠への影響

利用する会社に関わらずクレジットカードは契約時に利用可能枠、キャッシング枠、ショッピング枠の3種類が用意されます。ショッピング枠とは文字通り買い物をした時の精算で使用する枠で、お金をおろすキャッシングとは別物です。

利用可能枠とはキャッシング、ショッピングを合計した限度額になります。ここで注意しなくてはいけないのが2つの枠の関係性で、クレジットカードはどちらかの枠を利用するともう一方の限度額が減少するのが特徴です。

わかりやすく説明をすると、利用可能枠の100に対してキャッシングを30%行なった場合、ショッピングの限度額は70%という計算になります。逆のケースも同じで、ショッピング枠でたくさん使用してしまえば、それだけキャッシングで借りられるお金が少なくなるので注意が必要です。

キャッシングでお金をおろす時は、この点についてもしっかりと考えなくてはいけません。